浜松市議会議員 山本りょうたろうの活動ブログ

山本りょうたろうの活動の様子や想いを日々更新しています。浜松市民の方も、そうでない方も、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

未成年をネットの脅威から守る

18歳以下のみなさん。

今日はみなさんが安心してネットを使えるように、考えていきたいと思います。

みなさんの年齢では
「見てはいけないサイト」があります。
入り口には年齢確認がありますが、
ほとんど意味がありません。

「見ないでください」

恐らくですが
大人でも守れる人は少ないでしょう。

大人が守る

このブログをみて頂いている
大人の皆さんはいないかもしれないですが

書きます。

未成年をネットの脅威から守るのは、
我々大人たちです。

ネット=脅威

という訳ではありません。
私が言うまでもなく
ネットは正しい付き合い方をすれば、
非常に強力なツールとなります。

ネットとの付き合い方



安心安全なインターネット利用を考えるフォーラム
に参加してきました。

みなさんはいつから携帯電話を持っていますか?
2015年の調べによりますと
携帯保有率は

小学校高学年(10歳から12歳)40.8%(39.3%)
中学生62.1%(59.7%)
高校生99.0%(96.1%)

・・・
小学生でも10人に4人は持っているとのこと。
時代は変わっていますね。

もちろん
連絡などもできますし、
子供の安全を守る為には非常に役立ちます。

一方で
出会い系などで性犯罪に巻き込まれたり、
アプリへ課金しすぎて膨大な請求がきたり、
LINEでのいじめがおきたりなど
問題も出ています。

さて、

どうしましょう。


守るしかない

大人が守るしかないんです。
犯罪から守る一番の方法は

「携帯電話を与えない」


これです。
難しいでしょうね。

私はまだ子供がいないので説得力はありませんが、
将来、愛娘にお願いされたら
間違いなく買ってしまうと思います。

購入はそれぞれの家庭に
任せるしかありません。

もし購入するとしても
情報端末を持つ目的を明確化する必要があります。
何のために使うのか、本当に必要かを話し合うことが大切であると考えます。

未成年は社会の怖さを知りません。
犯罪などからは守ってあげなければなりません。

身を守るには

①使用ルールを明確化する
②フィルタリングを活用する
③家族で関わる

この三点が不可欠であると考えます。

①使用ルールを明確化する

携帯の使用は21時まで
知らない人とメールはしない
自分の写真を送らないetc...

②フィルタリングを活用する
有害なサイトを閲覧できないようにする。
アプリの機能制限を活用する
購入制限をするetc...

③家族で関わる
困ったらすぐ親に相談する
使用について家族で話すetc...

時代は変わっている

間違いなく変わっています。

よりよいネット社会や家庭を作っていく主体は、
間違いなく若者です。

ネットに関して

私たちのころは○○だった...
普通はこうする
といった今までの常識は通用しないでしょう。

生まれた時から当たり前のようにネットに触れ合った
デジタルネイティブ世代が親世代へとなりつつあります。

これからの常識を作っていくために、
私たちからルールを考えていく必要があります。

考えていきましょう。
おやすみなさい。



山本りょうたろう
http://yamamoto-ryotaro.com/


関連記事

最近の記事一覧

  • facebook
  • twitter
  • YouTube

山本遼太郎

静岡県浜松市の若手政治家。
詳細プロフィール

新着記事

人気記事ランキング

    月別アーカイブ

    カテゴリー別アーカイブ

    タグクラウド

    ブログ更新情報を配信中!

    follow us in feedly RSS 2.0