浜松市議会議員 山本りょうたろうの活動ブログ

山本りょうたろうの活動の様子や想いを日々更新しています。浜松市民の方も、そうでない方も、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

この街で育てていく〜満足のいく子育て環境ってなんだ

こんにちは、
浜松市議会の山本遼太郎です。

突然ですがみなさん、
子育てしてますか?

もしくはしてましたか?

私はしてました。
1年間だけしてました。

今は子供はいません。
まだ予定もありません。

なので今は甥っ子に愛を注いでいます。
完全なるおじばかです。

年末年始も妹が
「高校の友人と会うから見てて」というので
全力で見てました。

・・・
もう水飲むだけで



この笑顔です。

はぁ…たまらん。
叔父はたまらんのですよ。

おじちゃんはね、残念ながら
綺麗な笑顔はもう出来ないの。

だけどね、
この笑顔を守るためにもおじちゃんは、
本気で子育て支援について
考えなければいけないの。


子育て世代を全力で応援するまち

浜松市はこれを3本の柱の一つとしてあげています。

昨年の12月に策定された
浜松市"やらまいか"総合戦略では

⑴ 若者がチャレンジできるまち
⑵ 子育て世代を全力で応援するまち
⑶ 持続可能で総合性あふれるまち

この3つを目標として掲げています。
詳しくはこちらをごらんください。
浜松市"やらまいか"総合戦略

先日、ある高校生からこんなメッセージをいただきました。



・・・

まず、
総合戦略を読んでくれていて、
10代から子育てのことを考えてくれている高校生がいる地点で
浜松の未来は明るいです。笑

この質問に対して私の考えを書きたいと思います。


4人に1人しか満足してない子育ての街「浜松」

現在23.4%の人が
「浜松は子育てがしやすい街」であると思っています。
逆に言えば4人に1人しか満足していない状況にあります。

現状ではとても「子育て世代を応援できている」とは言えません。
そこを打破すべく、今回の目標である50%を設定しているわけです。

この23.4%の根拠というのは
この数値は20〜70代の男女による
市民アンケートからくる数値とのことです。


こんな感じになります。

浜松市市民アンケート
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/koho2/politics/simin_tyosa/index.html

どう見てもここから23.4%にはならないと思うのですが、
そこは連休明けに確かめます。

ここからまずやらなければならないのは
「子育てに関わる人にとって」の満足度を
100%に近づけることだと思います。

上の図で言うと

①思う人(赤)の満足度を保持する
→現在行われているサービスの継続

②思わない人(黄色)の解消
→なぜ満足していないかの検証、改善

ここまでは「子育てのしやすい街」を謳うのであれば
絶対達成しなければいけないことです。
ここを達成できれば目標の50%は現実的になります。

しかし、
言葉で言うのは簡単ですが、難しいのが行政の問題です。
①のサービス保持においても、
「何が必要で何が不要なのか」を見極めるのは安易ではありません。
まして、今の浜松の財政を考えると
予算がいつ削減されるかもわからない状況です。

その上に②の不満の解消、
不満と言っても多様です。
待機児童の問題、公園、緊急時の対応
職場の問題、手当や助成金・・・
これらの問題に総合的にアプローチが必要です。

難しいのは確かです。
ただ、「子育ての街」にするには本気でやっていかなければ
目標の50%すら届かないでしょう。

まずは今ある課題を分析・解消をした後で、
アンケートで(どちらとも言えない)(わからない)と答えた方も
「おお!浜松って子育てしやすい」
と実感ができるようにする。
この順序が必要であると考えます。

目標50%って低いじゃん

こう思うのはもっとも!

ただまずはここから。
そして重要なのはアンケート上の数値ではなく
一人一人の不満をいかに改善していけるか
だと思います。

浜松市子ども・若者支援プランを一つ一つ確実に実施し、
総合戦略が確実に実行されているのか、今後も重点的にチェックしていきたいと思います。

10年後には子供がいると思うので、
子育て世代として責任を持って行動します!



山本りょうたろう
http://yamamoto-ryotaro.com/


関連記事

最近の記事一覧

  • facebook
  • twitter
  • YouTube

山本遼太郎

静岡県浜松市の若手政治家。
詳細プロフィール

新着記事

人気記事ランキング

    月別アーカイブ

    カテゴリー別アーカイブ

    タグクラウド

    ブログ更新情報を配信中!

    follow us in feedly RSS 2.0