浜松市議会議員 山本りょうたろうの活動ブログ

山本りょうたろうの活動の様子や想いを日々更新しています。浜松市民の方も、そうでない方も、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

選択されているタグ : 浜松

タグを絞り込む : DIY GIEEN HIKAKIN JC Web youtuber おときた駿 お茶 ご当地 さわやか ももクロ やらまいか やらまいか総合戦略 イノシシ イベント インスタ オリーブ オートレース クリーン グルメ コンパウンドクロスボウ ザザシティ シカ ジビエ セミ ドラゴンボール ドラマ ドラマ館 ナンバー ハロウィン ファッション プレゼント マナー ラノベ 一人 一般質問 中区 中学生 中山間地域 事故 人口減少 仮装 低下 住民投票 佐久間 保育 全く興味なし 再編 出産 前田 動画 区再編 区割り 合併 地域 外国人 大阪 大阪都構想 子供 子育て 富士浅間神社 小学生 少年の船 屋台 山奥 岡山 市政 市民 市議 市議会 市議選 手話 投票 改革 政令市 政令指定都市 政治 政治とカネ 政治家 政策 方言 条例 東京 桃太郎 水道 活動記録 活性化 浜松市 浜松市民自転車フォーラム 浜松市議 浜松市議会 渋川 点字ブロック 無職 父親 牛の鉄板 理想 環境

【記者会見】浜松市長選挙に立候補を表明しました。

みなさんこんばんは、山本りょうたろうです。

重要なご報告ですが、
今日からなんとブログを
はまぞうに移転いたします。
はまぞうBLOG
山本りょうたろうの「浜松全力応援宣言」

今回の記事はこちら以下をクリックください。
【記者会見】浜松市長選挙に立候補を表明しました。

山本りょうたろう
http://yamamoto-ryotaro.com/


浜松の区の再編、いまどうなってるの?③〜住民投票が決定


こんにちは山本りょうたろうです。
最近、本当にたくさんのご意見を頂いています。
賛否も含めてみなさん貴重なご意見なのですが、
殆ど返信ができていません、ごめんなさい。

ただ、全て
ありがたく読ませていただいています。

また、
ブログやFacebookなどでオープンに言えないことだらけなので、
際どい情報
こちらで発信していきます。


浜松の区の再編、いまどうなってるの?②〜住民投票について

こんにちは、山本遼太郎です。
大人の方々は真ん中くらいからお読みください。


さて問題です。


上の絵のクラスには10人の生徒がいます。先生が「学園祭で、焼きそば屋さんをやりたいんだけども。」と言いだしました。しかし、反対意見が生徒から出たことで、賛成・反対を投票で決めることになりました。さて、どのような結果になるでしょうか。

ここで注目すべきは、
生徒たちが「焼きそば屋」を出すことにどう思っているかということ。
みんな焼きそばが好きなのかどうか。
他のクラスの出し物と重ならないか。
先生はなぜ突然、焼きそば屋をやりたいと言ったのか。

様々な事情を考えていただきたいです。
さて、どのような結果になるでしょうか。


・・・

答え
わからない

そうです、わかりません。
私は焼きそばが好きなので大賛成です。

しかし実際に多数決をとってみないと
結果がどうなるかわかりません。

では、問題を変えてみます。


下の絵のクラスには10人の生徒がいます。先生が「クラスで誰が一番最強か、野球で決めたいんだけども。」と言いだしました。しかし、反対意見が生徒から出たことで、賛成・反対を投票で決めることになりました。さて、どのような結果になるでしょうか。



ここで注目すべきは、生徒たちが
「野球で勝負」することにどう思っているかということ。
野球が得意なのかどうか。
反対するとしたら何がいいのか。
そして先生はなぜ
クラスで誰が最強か決めたいと言い出したのか。

さて、どのような結果になるでしょうか。


答え
たぶん野球でいくことになる

そうです、恐らく野球でいきたいという案が多いでしょう。
なぜなら、クラスの10人中6人が野球部です。
私は中学時代、野球部の副キャプテンでしたが、
ベンチだったので反対に入れます。

私のように、「野球部だけど反対」の人もいるでしょうし、
「野球部じゃないけど賛成」の人ももちろんいるでしょう。

しかしながら、野球部が半分以上いるのだから
まず野球で行くことになるということが自然な見方でしょう。

「野球で行くという決定」が正しいかどうか

では、仮に多数決をやって
「クラスで誰が一番最強か野球で決める」ことになったとします。
その後の展開はどうなるでしょうか。
果たしてクラス仲良く決定戦を行うことができるでしょうか。

野球で決められた「クラスで一番最強の奴」を
他の9人全員が気持ちよく認められるでしょうか。

私は
難しいと思います。

住民投票で市の将来を決める

ここから先は
間違いなく賛否を頂く話です。

先日のブログで書いた通り、
区の再編案がまとまらなかった議会に対して、
市長は「住民投票」を提案してきました。
区の再編について住民に実際聞いてみて、
その結果を見て決めようということです。

かなり繊細な時期ですが・・・書きます。
まずはこちらの絵をみてください。



浜松がもし10人の街だったら、
こんな感じの人口バランスになります。

12市町が合併してできた浜松市において、
旧浜松市には6人が住んでいることになります。

昨日のブログにも書きましたが、
区の再編については地域によって本当に様々な意見があります。

当然ながら、どの地域にも
区の再編に賛成の人もいれば、反対の人もいます。

しかし、今回のようなテーマで住民投票を行うことは、
人口が多い都市部の意見が反映されやすく、
中山間地域などの声が反映しにくいという
危険性を孕んでいます。


多数決の原理による民主主義

私の考えは何も、
住民投票という制度を否定するものではありません。
住民投票は全国で行われており、
行政と議会による二元代表制、
間接民主主義を補完する制度であることは認めます。

そして、多数決を否定するものではありません。
様々な意見が交錯する政治の場において、
この手段はなくてはならないものです。

例えば、
学園祭で焼きそば屋をやるのは賛成か反対か
浜松の水道民営化は賛成か反対か
市役所庁舎の建て替えは賛成か反対か

こんなテーマに多数決はまだ納得がいきます。

しかし、
「行政区再編」という、地域で大きく意見が分かれるテーマにおいて
住民投票という手法は合わない。

私はそう考えます。

こんな決め方で決めてしまったら、
区を再編するにせよ、しないにせよ、
地域ごとの溝を深めることは間違いありません。

じゃぁ反対すればいいじゃないか

そうです。
そう思うなら市長の住民投票に反対すればいいのです。

しかし、この住民投票は危険性を孕んでいる一方で
住民投票を否決することは
住民の意思表示を否定することにもなります。

もし私が議員をしていなかったら、
報道などで「議会が住民投票を否決」と知ったら
「なんで否決するんだろう」

「議員は自分の立場しか考えていない」
「住民投票で決めれば公平じゃないか」

と思うでしょう。

私自身、
色々言われるのは全く問題ないのですが、
住民投票で意思を表明したい方も多くいらっしゃるのも事実です。
みなさんの気持ちをないがしろにするわけにはいきません。

アンケートのような形で広く意見を聞くのは大賛成です。
その結果を十分に区の再編案に活かしていけばいいと思います。
しかし、住民投票で住民の意思に託すことが、
正解であるとは今のところ思えません。

本来であれば、議会で結論が出るまで
徹底的に討論するべきテーマです。

・・・
ということで
この問題についても、色んな方々の意見をいただき、
もっとじっくり考えます。

さいごに

私は今まで通り、
こんな表現方法しかできません。
選挙権がなくても、学生のみんなにも
浜松の将来を考えてほしい。

格好つけず、
ありのままでいきたいと思います。

ブレたらいつでも叱ってください。
おやすみなさい。



山本遼太郎
http://yamamoto-ryotaro.com/


浜松の区の再編、いまどうなってるの?〜これまでのあらすじ

こんばんは、山本遼太郎です。
最近全く書いていなかったブログですが、
今日は書きます。

市長選のことは報道では出てしまいましたが、
まだ正式表明していないので書きません。
いま、この上ないくらいに燃えているので、
12月中旬くらいまでお待ちください!!!

さて、行政区再編が毎日報道されていますね。
皆さんはどうお考えでしょうか。

言葉を選ばなければいけませんが、
周りの方に「区の再編どう思います?」と聞くと
1:1:1:2くらいで
賛成:反対:わからない:興味ないと言われます。

(わからない:興味ない)を無くしていくのが
議員の大切な仕事でもあると思うので、
今までのあらすじをざっくり書いていきます。

これまでのあらすじ

◇市長は今ある7つの区を2つか3つに再編したい。
これはずっと言っていること。
理由としては経費が削減できるから。

わかりやすいところでいうと人件費で、
今7人いる区長が3人に減れば4人分の人件費が減らせるということ。

長年かけて少しずつ減らしていって、
最終的には7〜10億の削減効果が見込めます。
これで削減できたお金を他のところに使えます。

というのが行政区の再編。

じゃぁ、
削減した方がいいのでは?

そう思いますよね。
実際に私も4年前に市議選に出るときは候補者コメントで


1年間でほぼ100人に1人

みなさん、こんにちは。
浜松市議の山本りょうたろうです。

もうすっかり秋ですね。
季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが、
みなさまはいかがでしょうか。

さて、
今日は早速本題に行きたいと思います。

朝起きて鏡を見てみるとそこに兎が映っていて、
よく見たらそれは兎ではなく、最近まるっと太ってきて
かつ結膜炎で目が真っ赤になってしまった私の姿でした。
ぴょんぴょん


みたいな話を書こうと思ったのですが、
時間がないのでやめます。

100人に1人

これ、
なんの数字かわかりますか?

実は浜松市では
1年間で100人に1人
人身事故にあっています。

これは全国的にも酷い数字で、
政令市20市中9年連続ワースト1という
不名誉な記録も持っています。

順位にするとこんな感じです。



(厳密にいうと事故1件で当事者1人ではないので100人に1人ではないのですが...)

当然ながら行政としてもなんとかしたいわけで、
浜松市交通事故ワースト1脱出作戦というのをやっています。

本日も本会議があり、
交通事故ワースト1について、
「効果出てるの?事故減っているの?」
と数名の議員が質問をしました。

行政側の回答としては、


ワースト1脱出作戦をやってから事故件数が減っている。
効果が出ているので、今年までの予定だった作戦を
2年延長することにする。

ということでした。

件数を表にしてみましょう。
商業高校を出ている私にとって、
ワープロはちょちょいのちょい
序の口朝飯前です。

カタカタカタカタ...パシン(Enterを強打する音)
カタカタカタカタ...パシン(Enterを強打する音)



こんな結果となりました。
確かに、市側の答えの
「作戦の効果が出ている」ということは確かっぽいです。

でも
私は思いました。

それ、本当?

・・・
大人になってから、
全てを鵜呑みにできなくなったというか
裏に何が隠れているか疑うという
懐疑性が育ってしまいました。

むかしは私も素直でした。
行けたら行くわは来れたら来てくれるでしたし、
ちょっと目があったらぼくのこと好きかもでした。

当時の私なら市側の説明を効いて
作戦効いてるんだあ
と思ったでしょうけど、今の私は違います。

実際はどうなの。


疑問が残る脱出作戦

ということで調べてみました。
今はネットで統計が殆ど拾えるのでちょちょいのちょいです。

過去10年間の推移を拾い出して、
かつ全国の傾向も入れ込むと
こんな感じになりました。

カタカタカタカタ...パシン(Enterを強打する音)


全国的に減ってる。

むしろ
全国的に減ってるのに、
浜松の減りが緩やか。


だいたい予想通りでしたが、
事故件数は全国的に毎年減っています。

これは
・車の安全性能の向上
・全国的な人口減
・交通法規の厳罰化

これらを考えると当然のことです。
何も浜松だけが特別ではないのです。

ここで疑問が湧きます。

ではなぜ浜松はワースト1なのか

まずは脱出作戦の内容をみてください。


簡単にいうと

交差点とかにのぼりを持って立って、
「事故が多いよ」ってチラシ作って呼びかけて、
交通安全に気をつけてもらう。


・・・
なんか違う。

行政のしたいことはよくわかる。
一生懸命、呼びかけてる人の気持ちも素晴らしい。
でも、なんか違うのよ浜松市。

私は
そんなことをしていてもワースト1は脱出できない
こう思います。

浜松に事故が多い理由

これは明らかです。

カタカタカタカタ...パシン(Enterを強打する音)


答え
車に頼らざるを得ない。

表にあるように
浜松人の移動手段の66.8%は車
公共交通を使う人は4.4%しかいない

単純明快です。
車を使う人が多い=事故も多い

事故が多い理由の本質としては
ここじゃないでしょうか。

車動車分担率と事故件数は相関関係にあることがわかります。
(なぜ新潟市だけ少ないのだろう...)

対策として

浜松の人はみんな言います。
車は便利
私も基本、車でしか移動しません。

ただ、
裏を返せばこうも捉えられます。
車以外は不便

今の浜松の交通構造、
車に乗れる人ならいいんです。
ただ免許を返納した高齢者とか、
未成年とか障害を持った方はどうするのでしょうか。

だからこそ、
公共交通に力を入れるべきだと思いますが、
皆さんはどう思いますか?

なぜ浜松は率先してモータリゼーションを進め、
公共交通施策を後手に回しているのでしょうか。

さいごに

交通のことに関しては、
少し熱が入ってしまいます。

私の母親は、


【ブログ】大切なことは、母から教わった。


交通事故にあいました。

事故によって悲しむ人を増やしたくない。
これは本気で思います。
だからこそ、
行政には本気で取り組んで欲しい。

ワースト1を脱するということは、
他の都市がワースト1になるということ。
別に脱出が本来の目的ではありません。

ここまで多い浜松市の事故が減って、
先進事例ができる。
日本のボトムアップができる。

そうなれたら素晴らしいと思います。
今後はなぜ新潟市は車社会なのに事故が少ないのか
なども勉強していきます。

これからも頑張ります。


山本遼太郎
http://yamamoto-ryotaro.com/


最近の記事一覧

  • facebook
  • twitter
  • YouTube

山本遼太郎

静岡県浜松市の若手政治家。
詳細プロフィール

新着記事

人気記事ランキング

    月別アーカイブ

    カテゴリー別アーカイブ

    タグクラウド

    ブログ更新情報を配信中!

    follow us in feedly RSS 2.0