浜松市議会議員 山本りょうたろうの活動ブログ

山本りょうたろうの活動の様子や想いを日々更新しています。浜松市民の方も、そうでない方も、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトはこちら

大切なことは、母から教わった。

みなさんこんばんは。
最近宇宙の背景がマイブームの
山本りょうたろうです。

さて、タイトルで分かる方もいらっしゃると思いますが、
本日は母の事について書きたいと思います。
以前も少し書かせて頂きましたね。



ブログ:お母さんがやめろというので、政治活動を続けようか迷ってます

-----------内容-------------
「政治活動を辞めないと10万円の仕送りを止める」
と母親から言われて、
どうしようどうしようとなって
結局それは夢であった。
----------------------------

という
とんでもない内容です。
とんでもない夢オチ内容の為、

書いた直後に
(そんな覚悟ならやめた方が良い)
(28にもなって仕送りで生活してるとは...)
など様々なご意見を頂きました。

今回も賛否は頂くと思います。

少し重い話になりがちなので、
今日のは最後まで読んで頂かなくても
OKです。


母が亡くなりました。


・・・

(いやいや...)

(そんなことブログに書かない方が...)

そのご意見
ごもっともです。


かまってちゃんではありません。
不幸話をしたいわけではありません。

ただ、
今のこの気持ちを、
ここに記しておきたいだけです。

今までの経緯

私が中学1年生の時です。

野球部に所属していた私。
試合の日に寝坊をしてしまった為、
母親に車で送迎してくれるよう頼みました。

母は看護師でした。
数日前に婦長(師長)に昇進したばかりで、
毎日忙しそうにしていました。

中学校で試合の準備をして
会場に向かう途中、
大型トラックとの事故にあった
母親の車にであいました。

それ以来
母の意識は戻らず、
16年もの間、昏睡状態が続きました。

そして
この連休に入る前日、
母は52歳という若さで
安らかに、
眠りにつきました。

母の事故から学んだ事。

数えきれないほどあります。

事故があってよかった、
とは言いません。

ただ、この事故がなかったら、
今の私は
間違いなくいません。

トップ画にすると軽々しく感じますが、
「生命・忍耐・強さ・家族・絆・努力」
そして愛。

母親が命をかけて、
私に教えてくれたことです。

母の教えが無かったら、
家族について深く考えなかったかもしれません。
生命について深く考えなかったかもしれません。


私の父は16年間、
毎日、本当に毎日、
母親の看病をしてきました。

少しでも楽に寝られるように、
少しでも楽しく過ごせるように、
ずっと母のそばにいました。

真の夫婦愛を
間近で感じることが出来ました。


私の妹は
働く母親の姿に憧れて、
「看護師」という選択をしました。

(母親のような看護師になりたい)
そうです。

妹ながら、
カッコよすぎます。

私のやるべきこと

現段階では一つです。

今の気持ちを忘れない事。

これだけです。

(市民の為に頑張ること!)
(次世代に伝えていくこと!)

たぶん、
もっともっと
カッコいいことは言えるんです。

ただ、今の気持ちを忘れなければ、
どんな状況になってもやっていける気がします。

だからあえてブログに書きます。
いまの気持ちを忘れない自信があるので、
ここに今の心境を

記しておきます。

最後になりましたが、、

母の通夜・葬儀に
本当に沢山の方がいらしてくれました。
私の関係だけでも150名以上です。

改めて、
皆さまに支えられている
という実感が沸きました。

本当にありがとうございました。

つらいですが、
悲しいですが、
次のステップに行きたいと思います。

明朝の街頭演説からまた
全力でやっていきます!!

本当に
ありがとうございました。



(家族でこんな笑顔になったのいつぶりだろうか...)


山本りょうたろう
http://yamamoto-ryotaro.com/


関連記事

最近の記事一覧

  • facebook
  • twitter
  • YouTube

山本遼太郎

静岡県浜松市の若手政治家。
詳細プロフィール

新着記事

人気記事ランキング

    月別アーカイブ

    カテゴリー別アーカイブ

    タグクラウド

    ブログ更新情報を配信中!

    follow us in feedly RSS 2.0